BOOKS 家づくり・住宅・設計・暮らしの本

39
地方移住は地域をよく知る建築家と叶えたい『信州の建築家とつくる家15』

地方移住は地域をよく知る建築家と叶えたい『信州の建築家とつくる家15』

コロナ禍で地方への移住希望が高まっているとのこと。 憧れの田舎暮らし。でも見知らぬ土地での暮らしには不安もあります。 あたらしく住まう地域での交流がスムーズにできたり、地域をよく知る人から情報も集められたら、移住への楽しみが増えていきそうです。 シリーズ『信州の建築家とつくる家』最新の15号は「地域と交わる家」を特集し、地元長野県を拠点に活躍する建築家による、移住者と地域コミュニティが交流できる空間や、仕掛けを備えた家を取り上げています。 一例をあげると、巻頭の「生長

39
日常生活ですぐに使える暮らしの知恵がいざという時に命を守る『りすの四季だより』

日常生活ですぐに使える暮らしの知恵がいざという時に命を守る『りすの四季だより』

9月は防災月間です。この時期は防災のニュースも増え、防災訓練などもあるので、備蓄やいざという時の避難経路などを考えるけれど、常に防災意識を持ち続けることはなかなか難しいのではないでしょうか。そんな人にお勧めしたいのが本書です! アウトドア防災ガイドのあんどう りすさん 著者のあんどう りすさんは、阪神・淡路大震災での被災体験とアウトドアの知識を生かして、アウトドア防災ガイドとして2003年から全国各地で防災の講演活動をされています。とりわけ、子育てグッズと防災グッズをイ

29
「自分らしさ」「快適」「健康」「エコ」全てを手に入れるよくばりな家のつくり方『これからのリノベーション 断熱・気密編』

「自分らしさ」「快適」「健康」「エコ」全てを手に入れるよくばりな家のつくり方『これからのリノベーション 断熱・気密編』

多様化する生き方にフィットするこれからの住まいの話。 社会の仕組みや働き方もどんどんと多様化していく中で、家づくりも今までの「あたりまえ」がどう変わっていくのでしょうか。高性能エコハウスを知り尽くした建築家の竹内昌義さん、松尾和也さんと、本書の編者であり自宅を断熱リノベーションした伊藤菜衣子さんの3人が断熱リノベーションを紐解きます。 質より量の時代から、量から質へ。 これまでの「ふつう」がどんどん「違和感」になっていく時代に、断熱リノベーションという選択を。 「良い

30
伝統的な和のデザインとモダンなスタイルを融合させたあこがれる住まい集『和MODERN』

伝統的な和のデザインとモダンなスタイルを融合させたあこがれる住まい集『和MODERN』

日本伝統建築を生かしながら、現代の生活に調和した和モダンの住まいを紹介する書籍『和MODERN』。2008年に創刊した年間誌で、和のこころを受け継ぎ、自然と共存しながら、現代の生活に調和する住まいの魅力を伝えてきました。建築家の事例をはじめ、各地域に根差した工務店や設計事務所による住宅事例を写真や図面で解説します。そのほか、和モダンの住まいの暮らしに関わる設備、家具や雑貨などを紹介する「和のある暮らし」も掲載しています。 新刊『和MODERN12』の特集は、「窓と、住ま

21