BOOKS 家づくり・住宅・設計・暮らしの本

56
自然を取り入れて癒しのある暮らしへ

自然を取り入れて癒しのある暮らしへ

暑さもだんだんと和らぎ、長野県では間もなく紅葉を楽しんだり、新そばに舌鼓を打つ季節がやってきます。 日々のリモートワークに疲れ、田舎暮らしを検索したり、自然を感じる住まいに憧れるという話もよく耳にするようになりました。 自然に触れると人が癒しを感じるのは「森林セラピー」「森林浴」などに代表されるように、森には1/fゆらぎという心臓の音に似た独特のリズムが流れていて、それが脳を活性化させリラックス効果が得られるからだそうです。 ※参考サイト 長野県「全国一の森林セラピー県

スキ
3
『りすの四季だより』で学ぶ防災―歩いて逃げられる水位は「大人も子どもも膝下まで」

『りすの四季だより』で学ぶ防災―歩いて逃げられる水位は「大人も子どもも膝下まで」

9月は防災月間です。 台風や地震などの自然災害はいつ起こるかわかりません。 これからの台風シーズンにむけ、ご自身・ご家族の避難について考えたことはありますか? 今年も全国各地で豪雨災害が起こっています。ためらうことなく命を守る行動がとれるように、日頃から意識しておくことが大切です。 防災・減災に向けて家族でできること、見直したいことなど防災知識がぎっしり詰まった『りすの四季だより』から、いざという時に向けて知っておいてほしいポイントを紹介します。 著者はアウトドア防災ガ

スキ
6