BOOKS 家づくり・住宅・設計・暮らしの本

56
「防災の日」に家族で防災を考えよう|『りすの四季だより』

「防災の日」に家族で防災を考えよう|『りすの四季だより』

9月1日は「防災の日」です。 日頃忘れがちな防災対策を見直し、家族みんなで考える時間を持つ良い機会ですので、家族で共有できる防災知識が詰まった『りすの四季だより』を紹介します。 ※以前の紹介記事はこちら 著者はアウトドア防災ガイドのあんどう りすさん。アウトドアの知識を生かした、日常生活にすぐに取り入れられる防災・減災の知恵が満載の1冊となっています。 本の中で書かれているアイデアは、大掛かりな防災グッズを揃えることよりも、身近なものやアウトドア用品をいざという時にどう使

スキ
4
あれから10年。これまでと、これから。 ~安全な暮らしと、住まい ~

あれから10年。これまでと、これから。 ~安全な暮らしと、住まい ~

東日本大震災から10年。 決して忘れることなく、語り継がれていかなければならない災害です。 この震災で、学んだことや気づかされたことがたくさんありました。 今からでもできること、それは備えること、そして知識を持つことです。 日常への防災の取り入れ方、住まいをめぐる問題について書かれた2冊の本を紹介します。 『りすの四季だより』家族の笑顔を守る暮らしの知恵 災害への備えや大切な防災意識を、気軽に身近に取り入れる方法をたくさん紹介しているのが、口コミで講演依頼が絶えることな

スキ
10
日常生活ですぐに使える暮らしの知恵がいざという時に命を守る『りすの四季だより』

日常生活ですぐに使える暮らしの知恵がいざという時に命を守る『りすの四季だより』

9月は防災月間です。この時期は防災のニュースも増え、防災訓練などもあるので、備蓄やいざという時の避難経路などを考えるけれど、常に防災意識を持ち続けることはなかなか難しいのではないでしょうか。そんな人にお勧めしたいのが本書です! アウトドア防災ガイドのあんどう りすさん 著者のあんどう りすさんは、阪神・淡路大震災での被災体験とアウトドアの知識を生かして、アウトドア防災ガイドとして2003年から全国各地で防災の講演活動をされています。とりわけ、子育てグッズと防災グッズをイ

スキ
29