BOOKS 家づくり・住宅・設計・暮らしの本

59
あなたの好きな素材はなんですか?『日本の原点シリーズ』まとめ

あなたの好きな素材はなんですか?『日本の原点シリーズ』まとめ

シリーズ7回で紹介した『日本の原点シリーズ 木の文化』いよいよまとめになります。 7冊の中に気になる素材はありましたか? 個人的に強く印象に残っているのは『日本の原点シリーズ 竹』にある、京都の青々とした竹林の風景です。天にまっすぐ伸びる様子は見ているだけで清々しい気持ちになります。 竹といえば、このjimosumuを運営する新建新聞社の本社がある長野市には、蕎麦の有名な戸隠という地区があります。そこでは蕎麦に欠かせないザルなどの竹細工も盛んで、中には伝統工芸の技術を生

スキ
9
ロングセラー『日本の原点シリーズ 木の文化』より「土」のご紹介

ロングセラー『日本の原点シリーズ 木の文化』より「土」のご紹介

今回はシリーズより『土』を紹介します。 漆喰の白壁が美しい土蔵や、瓦屋根の住宅が並ぶ町並みなど、日本の伝統家屋には素材に土が使われ、落ち着きある魅力的な風景を作りだしています。 土の活用の歴史は、古くは縄文・弥生の古代の土器からはじまり、壁・瓦など現代に至るまで、家づくりにはどうかかわっていくのでしょうか。 日本全国の美しい町並みの紹介をはじめ、土がもつ可能性を多角的に取り上げていきます。 ・縄文人が土に託した思い ・土壁・土塀・土蔵が映える町並み 平福|川越|吉井|

スキ
11
ロングセラー『日本の原点シリーズ 木の文化』より「竹」のご紹介

ロングセラー『日本の原点シリーズ 木の文化』より「竹」のご紹介

今回はシリーズより『竹』を紹介します。 竹は、全国の広い地域に生息し、かごやざるなど日常製品として活用されたり、また「松竹梅」と縁起がよいとされるなど、とても身近な存在です。 美しい京都の竹林の風景をはじめ、竹を使った施工例など満載の一冊です。 ・京都の竹の風景 ・竹を生かした建築 矛盾に満ちた魅力的な素材に取組む|隈研吾の竹の建築 竹の本殿をもった天神さま|上宮天満宮 竹との出会いが生んだ歴史的な建築|ブルーノ・タウト旧日向別邸 竹のしなやかさと通直性を生かした茶室|高

スキ
10
ロングセラー『日本の原点シリーズ 木の文化』より「橅・楢・栗(ブナ・ナラ・クリ)」のご紹介

ロングセラー『日本の原点シリーズ 木の文化』より「橅・楢・栗(ブナ・ナラ・クリ)」のご紹介

今回はシリーズより『橅・楢・栗』を紹介します。 その美しさから「森の女王」と呼ばれる橅(ブナ)や、ドングリでおなじみの楢(ナラ)、そして昔から鉄道の枕木として活用されている栗(クリ)の3種を中心に、広葉樹全般を広く扱います。 **本文「広葉樹の雑学」より** 広葉樹の仲間である「桐(キリ)」は、タンスや琴の材料として使われるほか、下駄の素材としても、軽くて割れにくいことから最高の材料とされています。 日本の下駄の三大生産地の一つとして有名な福山市(広島)ですが、産地として

スキ
6
ロングセラー『日本の原点シリーズ 木の文化』より「欅(けやき)」のご紹介

ロングセラー『日本の原点シリーズ 木の文化』より「欅(けやき)」のご紹介

今回はシリーズより『欅』を紹介します。 街路樹や学校、公園などに植樹され、大きくそびえる欅。紅葉の季節には美しい色づきが楽しめる木です。 いつもの景色で気に留めていなかった木が、実は欅だったということがあるくらい、まちづくりには欠かせない身近な欅について学びます。 ・欅のある風景 欅の巨木 東根の大けやき|山形 野間の大けやき|大阪 柏原の大けやき|兵庫 吹張の大けやき|秋田 地蔵けやき|茨城 三恵の大けやき|山梨 原町の大けやき|群馬 武蔵野の美しさを演出するけやき

スキ
7
ロングセラー『日本の原点シリーズ 木の文化』より「松」のご紹介

ロングセラー『日本の原点シリーズ 木の文化』より「松」のご紹介

今回はシリーズより『松』を紹介します。 松といえば、松茸のとれるアカマツの林、日本三大松原と景勝地に欠かせない海辺の防潮林、防風林、防砂林の松、日本庭園のシンボルとして重鎮する立派なクロマツなどが思い浮かびます。 古くから『松竹梅』といわれるように縁起がよい木とされたり、万葉集や百人一首などの和歌にもたびたび詠われたり、古来より人々の身近にあった松は、その強度や耐久性から構造材としても重宝されてきました。 昔から人を魅了してきたマツ・カラマツ。 その魅力を本書で探ります

スキ
12
ロングセラー『日本の原点シリーズ 木の文化』より「檜(ヒノキ)」のご紹介

ロングセラー『日本の原点シリーズ 木の文化』より「檜(ヒノキ)」のご紹介

今回はシリーズより「檜」のご紹介です。 奈良時代に編纂された日本書紀で「スギ・クスノキは舟に、ヒノキは宮殿に、マキは棺に使いなさい」と記述されていることをご存じでしょうか。これらの樹種は、形質に優れ加工しやすいことなどから、私たちの生活において古くから利用されてきました。(林野庁 スギ・ヒノキ林に関するデータより引用) 耐久性が高く、湿気にも強い檜は、上記のように高級建材として古くから寺社仏閣・住宅建築で重用されてきました。 また、身近なところでは、その香りにリラックス効

スキ
27
ロングセラー『日本の原点シリーズ 木の文化』より「杉」の魅力をご紹介

ロングセラー『日本の原点シリーズ 木の文化』より「杉」の魅力をご紹介

本州北部から屋久島にかけて分布する日本の代表的な樹種の一つとして身近な木材である「杉」。花粉症という言葉が定着してからは、春先には厄介に思われがちですが、「杉」には数多くの魅力があります。 その魅力を解説する、一冊をご紹介します。 「杉」と聞いて思い浮かべやすいのは、社寺の参道にずらっとそびえる杉並木でしょうか。古来より、社寺や築城などの建材に使われてきました。 また、自然素材や国産材とよく耳にしますが、実際木の種類が違うと材として扱われる場合に何がどう違うのか、どう使わ

スキ
19