BOOKS 家づくり・住宅・設計・暮らしの本

19

ロングセラー『日本の原点シリーズ 木の文化』より「檜(ヒノキ)」のご紹介

今回はシリーズより「檜」のご紹介です。 奈良時代に編纂された日本書紀で「スギ・クスノキは舟に、ヒノキは宮殿に、マキは棺に使いなさい」と記述され…

紅葉を楽しむ暮らし。地方移住―『信州の建築家とつくる家15』

長野県も紅葉真っ盛り。あちこち見ごろを迎えています。 窓を開けると、それまで青々としていた山なみが、気づけばきれいに色づいていく変化を、毎日の…

ロングセラー『日本の原点シリーズ 木の文化』より「杉」の魅力をご紹介

本州北部から屋久島にかけて分布する日本の代表的な樹種の一つとして身近な木材である「杉」。花粉症という言葉が定着してからは、春先には厄介に思われ…

Kindle版発売開始!『エコハウス超入門 84の法則ですぐ分かる』

大好評発売中の『エコハウス超入門 84の法則ですぐ分かる』は、長年エコハウスの設計に取り組み、経験をふまえた理論的な設計手法を確立する松尾和也さ…

心地よさを追求した設計職人が手掛けた住宅の魅力『建築家・永田昌民の軌跡 居心地のよ…

時代を超えて静かに感動を与え続ける力をもつ、故・永田昌民(ながた・まさひと)さんの住宅の魅力を、様々な角度から読み解く一冊です。生涯164もの…

住まい手もつくり手も“だから高断熱住宅にするべきなのか!”が腑に落ちる『エコハウス…

長年エコハウスの設計に取り組み、経験をふまえた理論的な設計手法を確立する松尾和也さん。本書はその手法を体系化し、分かりやすくまとめた新刊です…

地方移住は地域をよく知る建築家と叶えたい『信州の建築家とつくる家15』

コロナ禍で地方への移住希望が高まっているとのこと。 憧れの田舎暮らし。でも見知らぬ土地での暮らしには不安もあります。 あたらしく住まう地域での…

日常生活ですぐに使える暮らしの知恵がいざという時に命を守る『りすの四季だより』

9月は防災月間です。この時期は防災のニュースも増え、防災訓練などもあるので、備蓄やいざという時の避難経路などを考えるけれど、常に防災意識を持…

「自分らしさ」「快適」「健康」「エコ」全てを手に入れるよくばりな家のつくり方『これ…

多様化する生き方にフィットするこれからの住まいの話。 社会の仕組みや働き方もどんどんと多様化していく中で、家づくりも今までの「あたりまえ」が…

心地のいい家=ストレスフリー。高断熱高気密がテーマの超マニアックな住宅雑誌『だん』

これから家を建てようという人やリフォーム/リノベーションをしたいと考えている人に向けて、「健康で快適な心地のいい家」について知ってもらうべく、…