BOOKS 家づくり・住宅・設計・暮らしの本

56
『りすの四季だより』で学ぶ防災―歩いて逃げられる水位は「大人も子どもも膝下まで」

『りすの四季だより』で学ぶ防災―歩いて逃げられる水位は「大人も子どもも膝下まで」

9月は防災月間です。 台風や地震などの自然災害はいつ起こるかわかりません。 これからの台風シーズンにむけ、ご自身・ご家族の避難について考えたことはありますか? 今年も全国各地で豪雨災害が起こっています。ためらうことなく命を守る行動がとれるように、日頃から意識しておくことが大切です。 防災・減災に向けて家族でできること、見直したいことなど防災知識がぎっしり詰まった『りすの四季だより』から、いざという時に向けて知っておいてほしいポイントを紹介します。 著者はアウトドア防災ガ

スキ
6
「防災の日」に家族で防災を考えよう|『りすの四季だより』

「防災の日」に家族で防災を考えよう|『りすの四季だより』

9月1日は「防災の日」です。 日頃忘れがちな防災対策を見直し、家族みんなで考える時間を持つ良い機会ですので、家族で共有できる防災知識が詰まった『りすの四季だより』を紹介します。 ※以前の紹介記事はこちら 著者はアウトドア防災ガイドのあんどう りすさん。アウトドアの知識を生かした、日常生活にすぐに取り入れられる防災・減災の知恵が満載の1冊となっています。 本の中で書かれているアイデアは、大掛かりな防災グッズを揃えることよりも、身近なものやアウトドア用品をいざという時にどう使

スキ
4