BOOKS 家づくり・住宅・設計・暮らしの本

59
「ここに収納が欲しかった」…家づくりは間取りと一緒に収納計画を進めるのがカギ!
+2

「ここに収納が欲しかった」…家づくりは間取りと一緒に収納計画を進めるのがカギ!

引っ越しや家づくりを機に、「新居はモノが散らからないスッキリした空間」にしたいですよね。 スッキリした空間の実現には「収納スペースを増やす」ことが近道? でも、やみくもに収納を増やすだけでは収納の場所や容量・サイズなどが持っているモノと合わずに、引き渡し後に使い勝手の悪さに気づくことになってしまうかも。。。 せっかく気に入った間取りで住み始めたのに、新居の魅力を生かしきれないのは残念ですよね。そうならないように間取りを考えるときは、収納計画も一緒に進めましょう! 収納計

スキ
16
『はれやか「収納マップ®」』10月20日発売!!家づくりを考える方へ、暮らしやすい収納間取りづくりをお手伝い
+3

『はれやか「収納マップ®」』10月20日発売!!家づくりを考える方へ、暮らしやすい収納間取りづくりをお手伝い

「住宅収納スペシャリスト」川島マリさんがこちらで連載していたマガジンが、本になりました! 『はれやか「収納マップ®」』2021年10月20日に発売となります。 川島マリさんのプロフィールはこちらから 「収納」とありますが、この本は引き出しなどの整理方法やグッズ紹介ではなく、家づくりやリフォームの時に考えたい「毎日をはれやかな気持ちで暮らせる収納」をつくるコツや、考え方やその理由など、収納を絡めて気持ちよく暮らし続けるヒントとしての「収納マップ®」づくりをおすすめする本です

スキ
4
自然を取り入れて癒しのある暮らしへ

自然を取り入れて癒しのある暮らしへ

暑さもだんだんと和らぎ、長野県では間もなく紅葉を楽しんだり、新そばに舌鼓を打つ季節がやってきます。 日々のリモートワークに疲れ、田舎暮らしを検索したり、自然を感じる住まいに憧れるという話もよく耳にするようになりました。 自然に触れると人が癒しを感じるのは「森林セラピー」「森林浴」などに代表されるように、森には1/fゆらぎという心臓の音に似た独特のリズムが流れていて、それが脳を活性化させリラックス効果が得られるからだそうです。 ※参考サイト 長野県「全国一の森林セラピー県

スキ
3
季節移住・二拠点生活という選択肢―『信州の建築家とつくる家16』

季節移住・二拠点生活という選択肢―『信州の建築家とつくる家16』

夏といえば、海や山、スイカに花火…と、イベントや風物詩など楽しいものがたくさん思い浮かびます。ところがここ最近、気温が体温を超える日が続くなど、夏といえばすっかり猛暑が定着するようになってしまいました。 都市部にいくほど、自然が少ないなど地表面の人工化や人工排熱が原因で気温が周囲より高くなるそうで(=ヒートアイランド現象・下記参照)、酷暑になりやすくなってしまっています。 ※参考サイト  ヒートアイランド・ポータル|国土交通省 ヒートアイランド現象|気象庁 少しでも夏の

スキ
10
コムアイさんも登場!家づくり・リフォームを検討するならまずはYouTube「だんチャンネル」×雑誌「だん」で手軽に情報収集

コムアイさんも登場!家づくり・リフォームを検討するならまずはYouTube「だんチャンネル」×雑誌「だん」で手軽に情報収集

つくり手と住まい手が一緒に読む高断熱住宅がテーマのマニアックな専門紙「だん」。前号から動画と連動して、誌面+αで施主のリアルな声とルームツアーを見られたり、誌面の専門家の寄稿を本人が解説するなど、これまで以上に内容を充実させています。 8/10発行の新刊特集は「暑さ寒さを感じない暮らし」と「中古住宅+性能向上リノベーション」です。 特集は「家事動線も間取りも自由 暑さ寒さを感じない家」。高断熱住宅で暮らす3家族に家を建てるときに重視したことやこだわり、暮らしてみて今感じて

スキ
6
脱炭素社会に向けて住まいの燃費性能向上を|省エネ住宅・高断熱住宅を建てるならこの5冊から

脱炭素社会に向けて住まいの燃費性能向上を|省エネ住宅・高断熱住宅を建てるならこの5冊から

地球温暖化の原因となっているCO2など温室効果ガスの排出を防ぐため、石油や石炭などの化石燃料からの脱却を目指す「脱炭素化」。わたしたちの暮らしで使うエネルギー消費を減らすことも、CO2削減を促しますが、日常生活で使用するエネルギーを抑えることができる住宅=省エネ住宅・高断熱住宅は、地球にやさしく、お財布にもやさしく暮らせる家です。 電気・ガスなどのエネルギーが削減できることは、車の燃費性能と同じように、住まいの燃費性能が向上するので光熱費削減ができ、さらに夏涼しく冬暖かく快

スキ
14
賃貸でも自分の好きな空間づくりができて、入居者同士のコミュニティの広がりも楽しめる「DIY賃貸」

賃貸でも自分の好きな空間づくりができて、入居者同士のコミュニティの広がりも楽しめる「DIY賃貸」

賃貸住宅でも好きにDIYができる「DIY賃貸」という物件があるってご存知でしょうか?「DIY賃貸」とは、入居者がDIYで空間を仕上げていくという賃貸で、古い賃貸住宅との差別化として近年増えてきています。 どこまでDIYができるかというのは物件やオーナーの考え方や賃貸契約によって変わりますが、壁紙や棚を好きにつけられたり壁の塗装をしたりといった簡単なものから、スケルトン(躯体だけの状態)から本格的に空間づくりができる物件まで様々です。 DIY賃貸の多くは、オーナーが自主管理

スキ
12
家づくりやリフォームを検討するならまずは動画で施主のリアルな声を。高断熱住宅専門誌「だん」のYouTubeチャンネル始動

家づくりやリフォームを検討するならまずは動画で施主のリアルな声を。高断熱住宅専門誌「だん」のYouTubeチャンネル始動

このnoteでたびたび紹介している高断熱住宅に特化したマニアックな雑誌「だん」がYouTubeチャンネルを開設しました。 09号の発売に合わせ、誌面に登場するお施主さんへのインタビューや、有識者の記事を深掘りして解説する動画などを配信しています。 住宅事例のテーマは「家が変えるおうち時間 大切なのは家族と過ごす環境でした」。家を建てて2カ月~2年の高断熱住宅で暮らす3家族に、重視したことやこだわり、暮らしてみて今感じること、気になる光熱費についてインタビュー。今回、それぞ

スキ
6
家を長持ちさせるためには、屋根の雨漏りチェックと改修が重要

家を長持ちさせるためには、屋根の雨漏りチェックと改修が重要

雨が多い季節が近づくと、屋根の状態が気になるところ。ふだん屋根は目につきにくい場所ですが、毎日、日差しや風雨から家を守ってくれる大事な部分なので、定期的なメンテナンスや点検をすることが大切です。 日ごろから気になっているところや、雨漏りなどの不具合がある場合は、劣化が進行しないように、早めの対策が肝要です。 ◎屋根の点検時にプロがチェックする、素材別不具合のポイント 瓦屋根の場合 瓦屋根で多く見られる問題は瓦のズレ。瓦のズレの主な原因は、地震や道路、線路などの振動。通常

スキ
5
本格的な夏の暑さにむけて、エアコン電気代の節約をしたい!対策は『窓』

本格的な夏の暑さにむけて、エアコン電気代の節約をしたい!対策は『窓』

今年もまた夏がやってきます。 今年の夏も家にいることが多くなりそうですが、夏は暑いものと我慢をせずに、家の中くらいは快適に涼しく保ちたいですよね。 エアコンをつけているけれど、どうも効きが悪い。エアコンをずっとつけているので電気代が高くなってしまう――その原因は、窓にあるかもしれません。外からの熱が窓を通して室内に入り込んでいるのです。 それを防ぐため、今からできる対策は、グリーンカーテンやすだれ・オーニングなどで外部からの直射日光や熱を徹底的に遮断して室内に伝えにくくす

スキ
8