BOOKS 家づくり・住宅・設計・暮らしの本

37

新刊「信州の建築家とつくる家16」発売!“移住したいランキング”上位、信州の家づくり…

ステイホームが推奨され、在宅時間が増えたことで、今までよりも住まいの居心地や使い勝手など、暮らしについて考える時間が多かったのではないでしょうか。 シリーズ「信州の建築家とつくる家」の最新刊16号が、2021年3月31日発売しました。特集は「家づくり再考」です。 不自由を感じる一方で、ゆ…

「ステイホームを要請されたが、できればずっと家に居たい。」

タイトルは、2021年3月31日発刊『信州の建築家とつくる家16』に掲載されている住宅の建主さんから寄せられた声です。 長く続く在宅時間もストレスなく過ごせ「住環境のよさに救われた」との声もあったそうです。 ステイホームを経て、多くの人の家時間が『帰ってきてくつろぐ時間』から、『起きてい…

待望の新刊!伊礼智の住宅設計作法Ⅲ「心地よさの ものさし」1月30日発行

人気住宅建築家の伊礼智氏が、自身の設計について文章・イラストともに書き下ろした一冊。近年の住宅設計では欠かせない「性能と意匠」を両立させた8軒の住宅を、写真と図面、ポイント詳細図、性能まで紹介しながら、それぞれの設計時の苦労や失敗談、心を打たれたエピソードなどを交えました。 <本…

新刊発行!高断熱高気密がテーマの超マニアックな住宅雑誌『だん』08

これから家を建てようという人やリフォーム/リノベーションをしたいと考えている人に向けて、「健康でエコで快適な心地のいい家」について知ってもらうべく、高断熱高気密住宅がテーマの雑誌『だん』を発行しています。 本日12月21日に新刊を発行しました。 今号の特集1は住宅事例「わがままな家での…

新建新聞社発行2020Amazon販売ランキング!【noteまとめ】

jimosumuでは新建新聞社発行の家づくりやリノベーションにまつわる本を紹介しています。 そこで、2020年にAmazonでたくさん購入されて読まれた本📖をランキングにしました! 2020年Amazon販売ランキング!! 第1位📕 『エコハウス超入門 86の法則ですぐ分かる』 省エネルギーで光熱費が掛からず、…

紅葉を楽しむ暮らし。地方移住―『信州の建築家とつくる家15』

長野県も紅葉真っ盛り。あちこち見ごろを迎えています。 窓を開けると、それまで青々としていた山なみが、気づけばきれいに色づいていく変化を、毎日の生活の中や職場から見える風景として、楽しむ暮らしはどうでしょう。 その土地に合わせた採光や借景など、地域を知り尽くした建築家と一緒に作り上…

家を建てる前に。家づくりの本

マガジン「BOOKS 家づくり・住宅・設計関連の本」では新建新聞社発行の家づくり関連本を紹介しています。いずれも家を建てる前に読んで欲しい本ばかりですが、今回は新築で家づくりを考えている人向けの5冊を紹介します。 01.家づくり考え始め期 ・あたらしい家づくりの教科書 ・だん 暖か・団らん…

心地よさを追求した設計職人が手掛けた住宅の魅力『建築家・永田昌民の軌跡 居心地のよ…

時代を超えて静かに感動を与え続ける力をもつ、故・永田昌民(ながた・まさひと)さんの住宅の魅力を、様々な角度から読み解く一冊です。生涯164もの住宅を手掛け、今なおその住宅の魅力と人となりが語り継がれる建築家・永田昌民さん。あまり多くを語らなかった永田さんが設計した住宅の魅力はどこ…

大事なことは目に見えない。家づくりは「見えないこと」が大事です『あたらしい家づくり…

高性能なエコハウスの最前線で活躍する9人のエキスパートたちが、説得力のある言葉とデータ、魅力的な写真、味のあるイラストともに、これからの家づくりに欠かせない視点、住宅の性能と住み心地・健康・燃費の関係と「高性能なエコハウス」の必要性・メリットをわかりやすく説く本。 断熱・気密性…

住まい手もつくり手も“だから高断熱住宅にするべきなのか!”が腑に落ちる『エコハウス…

長年エコハウスの設計に取り組み、経験をふまえた理論的な設計手法を確立する松尾和也さん。本書はその手法を体系化し、分かりやすくまとめた新刊です。エコハウスに関心のある設計者や現場監督、営業マンなど住宅に関わるすべての実務者が知りたかった情報が満載。これから家づくりを考える住まい手…