マガジンのカバー画像

家づくり・住まいと暮らし

93
jimosumuが考える「いい家」づくりと暮らしを紹介する記事まとめ。
運営しているクリエイター

記事一覧

暮らしぶりと住環境を住まい手の声で伝える|高断熱住宅専門誌「だん」

つくり手と住まい手が一緒に読む高断熱住宅がテーマのマニアックな専門誌「だん」。動画と連動…

ただいま!手洗い!セカンド洗面のアイデアを取り入れる

小学校に入学すると、文字や計算のほかに「手洗いうた」を教わるところもあります。給食の前に…

2022年の家づくり・リノベーション|「こどもみらい住宅支援制度」を活用しよう

家は生活を営む場所であり、暮らしをつくる場所です。ただの箱ではないので、どんな家なのか、…

「だん11」発刊記念YouTubeライブやります!

12月10日発行の高断熱住宅専門誌「だん」。2018年に創刊し、今号で11号になります。今年5月に…

いい家ってどんな家?30年後に後悔しないための家づくり情報|高断熱高気密がテーマの…

つくり手と住まい手が一緒に読む高断熱住宅がテーマのマニアックな専門誌「だん」。動画と連動…

電気代がますます値上がりするってホント?電気料金の仕組みと値上がり対策

毎月必ずかかる電気代を気にしたことがないという人は少ないのではないでしょうか。 地域やラ…

断熱材で家を包んで寒さ・暑さからガード | 外張り断熱のススメ

ひとくちに高断熱住宅といっても、つくり方はひとつではありません。日本では「充填断熱」「外張り断熱」「付加断熱」の、3つの工法が使われています。それぞれに特徴や良さがありますが、今回は「外張り断熱」を紹介します。高性能住宅づくりが得意な建築家の竹内昌義さんと、断熱材「サーマックス」を製造する東北イノアック・開発技術部長の清水敦夫さんに、外張り断熱について語り合っていただきました。※雑誌「だん10」から流用 外張り断熱は魔法瓶と同じ 切れ目なく家を包むから合理的 清水 住宅の

スキ
1

高断熱住宅施主のお宅訪問取材ノート

高断熱住宅に特化したマニアックな雑誌「だん」の取材で、南魚沼(新潟)、今治(愛媛)、久留…

SDGsと家づくり|エコハウスのサステナブルライフ

SDGsとは、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」のこと。 気候変動や危機にある生…

台風シーズンがやってくる!早めに屋根や外壁のチェックを

毎年、夏の終わりから10月にかけて台風が上陸しやすい傾向にあります。近年では、台風被害があ…

これから家を建てるなら、耐震等級3 をスタンダードに。住み続けられる家を建てるため…

これから家を建てるなら、耐震等級3 をスタンダードに。これに加えて高性能住宅なら災害対策に…

家づくりの情報収集おすすめYouTubeチャンネル一覧/施主向け

工務店向けの専門紙「新建ハウジング」の一般消費者へのアンケート調査によると、「住まいを決…

【今すぐできる災害対策】ハザードマップは完璧じゃない!? 災害リスクを考えて土地…

ここ数年、気候変動によって豪雨や大型台風が増え、それと同調するように水害が増えています。…

エアコンは6・10・14畳しか買ってはいけない!? 失敗しないエアコンの選び方

冷房だけでなく、暖房機器としての市民権をすっかり得たエアコンですが、正しく深い情報はほとんど知られていません。今後エアコンを買う際、ムダな出費と効かないというリスクを減らすために有用な情報を一級建築士でエコハウスのエキスパートの松尾和也さんに教えていただきました。※雑誌「だん09」から流用 私は、約10年前から様々なところで「エアコンを畳数通りに買ってはいけない」と言い続けてきましたが、その根拠も含め、エアコン選びに必要な知識を正しく理解している人はほとんどいません。最終的

スキ
16