マガジンのカバー画像

家づくり・住まいと暮らし

91
jimosumuが考える「いい家」づくりと暮らしを紹介する記事まとめ。
運営しているクリエイター

#jimosumu

台風シーズンがやってくる!早めに屋根や外壁のチェックを

毎年、夏の終わりから10月にかけて台風が上陸しやすい傾向にあります。近年では、台風被害があ…

エアコンは6・10・14畳しか買ってはいけない!? 失敗しないエアコンの選び方

冷房だけでなく、暖房機器としての市民権をすっかり得たエアコンですが、正しく深い情報はほと…

セカンドライフも快適に!60代から考えるシニアリフォーム|リノベーション・ジャーナ…

60代に入ると仕事がひと段落し、生活スタイルが変わる人も増えてきます。また、子どもの独立に…

フィンランドの暮らしと住まい~海外住宅事情とライフスタイル②

前回はフィンランド人のライフスタイルや日本とフィンランドの住宅事情の違いなどをご紹介いた…

フィンランドの暮らしと住まい~海外住宅事情とライフスタイル①

日本では2年ほど前くらいからサウナブームが続いていますが、サウナの本家といえばフィンラン…

生涯コストを“お化け”にさせるな!家づくりはシミュレーションで生涯コストの割り出…

家を建て暮らしていくには、生涯どのくらいのお金がかかるのでしょう?生涯コストのシミュレー…

温熱環境だけでなく地域との関係も変える高性能窓

快適な暮らしに欠かせない「窓」について、温熱環境と地域との関係性という視点から、株式会社チームネット代表取締役の甲斐徹郎さんにお話を伺いました。※高断熱住宅専門誌『だん』07「窓が変える暮らし」から一部抜粋 わたしの仕事は、快適な暮らしと家族の関係、あるいは家族と地域の関係をデザインすることです。特に、温熱環境の快適性、そして地域で孤立しないための人間関係の構築が重要だとの考えに基づいて仕事をしてきました。 数年前、予防医学の第一人者である星旦二先生と出会いました。星先生

スキ
10

光熱費増やストレス、居心地の悪さ――ステイホームで感じた不満は高断熱化で解決でき…

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い昨年急速に広まったテレワーク。一時は半強制的に家族がみ…

高断熱住宅だからできる! エアコン1台でも家じゅうあったか

最近注目を集めている住宅の「全館空調」。ひとつの設備、例えばエアコン1 台で家全体の冷暖房…

人生100年時代の安心住まい|家族の健康リスク

住まいを考える時、これまで「家族の健康」はあまり重要視されてこなかったようです。長年、住…

人生100年時代の安心住まい|自然災害リスク

「災害時に強い家」というと、どんな揺れにでも耐える、洪水が起きても流れない、あるいは竜巻…

人生100年時代の安心住まい|住宅寿命リスク

人生100年時代=住宅を長く使う時代。長く使うほど財布と環境へのメリットも大きくなるため、…

人生100年時代の安心住まい|長く住める価値の落ちない家(後編)

人生100年時代、マイホームを考えるひとつの指標は「長く住めるかどうか」。災害の多い日本で…

人生100年時代の安心住まい|長く住める価値の落ちない家(前編)

人生100年時代、マイホームを考えるひとつの指標は「長く住めるかどうか」。災害の多い日本で、長く安心して暮らせるだけでなく、第三者から見ても価値の落ちない家づくりは可能でしょうか?不動産コンサルティングの第一人者・長嶋修さんに聞きました。 「住宅の価値」はこうして決まる 「不動産の価値」は、どのように決められているでしょうか。 日本の場合、建物の価値は「築年数」で決まります。新築住宅の価格を最大とすると、購入して住んだ瞬間にそれは「中古住宅」となり、建物は20%程度の資産価

スキ
9