和の住まい

28

建築家・降幡廣信氏による、町並みを彩る住まい。民家再生で生き返った「有明の家」

建築家・降幡廣信氏は古びていずれ解体されるはずの古い民家に新しい生命を吹き込み、家と文化…

建築家ブルーノ・タウトが日本に残した唯一の住宅建築「熱海の家(旧日向別邸)」

熱海の家(旧日向別邸)は、20世紀を代表するドイツ人建築家ブルーノ・タウトが日本に残した数…

古民家の知恵を未来につなぐ、松井郁夫設計の「南房総の家」

千葉県の房総半島は古民家が多く残り、それを買い取って移住する人や別荘として利用する人も多…

出江寛が解説する「佐伯邸」に見る村野藤吾の間合いと優しさ

佐伯邸(*)は建築家・村野藤吾の代表作品。この住宅建築について、日本建築家協会第10代会長…

建築家・木原千利×施主が語る、豊かな自然に囲まれ、季節の移ろいを感じる暮らし

六甲山系に抱かれるような住宅地に建てられた「楷(かい)の家」。タヌキもあらわれるというほ…

江戸・明治・大正の建築を今に伝える、日光田母沢御用邸

日光田母沢(たもざわ)御用邸は、江戸・明治・大正の3つの時代の建築を知ることができる数少…

名建築に学ぶ・レーモンドのデザインを伝えるシンプルで軽快な空間

高崎市美術館の敷地内に保存されている旧井上房一郎邸は、アントニン・レーモンドのスタイルを…

主婦目線からの和モダン住宅・現代の台所という場所

日々の暮らしの中心ともいえる食をつかさどる「台所」とは、どういう場所で、その空間づくりは…

和の建築家・4人衆(畠山博茂・出江寛・降幡廣信・木原千利)の仕事『日本の心、和の…

和の建築を手掛ける4人の建築家(畠山博茂・出江寛・降幡廣信・木原千利)の建築を紹介する「…

京町家はいま…。観光立国をうたいながら、なぜ町家を潰すのか?

観光立国をうたいながら、なぜ町家を潰すのか 改修した京都の町家に暮らす、イギリス生まれ…