和の住まい

41

引込み戸により開口部を最大限生かした近代数寄屋建築。吉田五十八設計の「旧猪俣邸」

建築家・吉田五十八(よしだ・いそや)は、伝統的数寄屋建築に近代的な合理性と機能性を加味し…

隈研吾の建築から見る、自然素材「竹」の魅力

現代の建築家の中でも自然素材に対する思いがより一層強い隈研吾。自然素材である竹を用いた建…

革新の手漉き和紙を現代の建築に生かす-堀木エリ子さんの和紙の世界-

伝統的な和風住宅で昔から用いられている和紙には、環境にも人にも優しい自然素材であるととも…

建築家・堀口捨己による、建築と照明が一体となった美しくも大胆な「八勝館」

室内に入ると、庭園の景色が飛び込んでくるかのような八勝館。北大路魯山人(きたおおじ・ろさ…

江戸硝子の繊細な美しさに魅せられて—現代の暮らしに調和する美と機能性

現代の暮らしの調和する美と機能性光をまとい、繊細にキラキラと輝く。宝石にも似た華やかな美…

富士信仰を支えた御師と御師住宅

富士山は昔から信仰登山の対象でした。そんな信仰登山を支えていたのが、御師(おし※1)と呼…

日本の美ともいえる、いぶし銀の瓦を身近な生活アイテムに

和の佇まいとして欠かせないもののひとつが「瓦」。日本の町並みをつくってきた、いぶし銀の瓦…

悠久のときを刻む、日本最古の民家・箱木千年家

「和風住宅」では、日本を代表する名建築を掲載しています。今回は「和風住宅2009年版」(2008…

障子のある列車・しなの鉄道『ろくもん』

「和風住宅25」では、和の住宅には欠かせない『障子』を特集。この本から、障子を使った和の空…

江戸末期の建築をいまに伝える新御殿・真田邸

「和風住宅」では、日本の伝統が息づく和の建築を時代背景とともに解説しています。今回は「和…