和の住まい

28

建築家・降幡廣信氏による、町並みを彩る住まい。民家再生で生き返った「有明の家」

建築家・降幡廣信氏は古びていずれ解体されるはずの古い民家に新しい生命を吹き込み、家と文化…

建築家ブルーノ・タウトが日本に残した唯一の住宅建築「熱海の家(旧日向別邸)」

熱海の家(旧日向別邸)は、20世紀を代表するドイツ人建築家ブルーノ・タウトが日本に残した数…

古民家の知恵を未来につなぐ、松井郁夫設計の「南房総の家」

千葉県の房総半島は古民家が多く残り、それを買い取って移住する人や別荘として利用する人も多…

出江寛が解説する「佐伯邸」に見る村野藤吾の間合いと優しさ

佐伯邸(*)は建築家・村野藤吾の代表作品。この住宅建築について、日本建築家協会第10代会長…

江戸・明治・大正の建築を今に伝える、日光田母沢御用邸

日光田母沢(たもざわ)御用邸は、江戸・明治・大正の3つの時代の建築を知ることができる数少…

京町家はいま…。観光立国をうたいながら、なぜ町家を潰すのか?

観光立国をうたいながら、なぜ町家を潰すのか 改修した京都の町家に暮らす、イギリス生まれ…

隠れた名庭園を訪ねる

日本庭園とは、自然の景観を人工的に構成した日本の造形空間のこと。基本的には観賞や散策など…

伝統の職人の技と美しさで魅了する簾の最高峰・京翠簾(きょうすいれん)

翠簾(すいれん)の老舗である京都のみす武は、寛保元年(1741年)創業。初代大久保武右衛門が…

京町家に必ずある中庭は、生活にうるおいをもたらす存在。

生活の必要性に文化的価値を付け加えた庭 京町家には必ず、中庭(坪庭・前栽)がつくられて…

伝統的でありながら新しい数寄屋住宅「松雲荘」

洋風の生活空間を和の中に調和させた佇まい 京都市北部郊外の松雲荘は、建築家・吉村篤一さ…