和の住まい

59
+5

伊賀焼の伝統と技術を継承し、今も使い続けられる長谷園の「土鍋」

長谷園(ながたにえん)は天保3年(1832年)に伊賀に築窯し、伊賀焼の伝統と技術を継承しつつ…

+5

和のこころを現代のカタチに。暮らしに寄り添う「水引」の魅力

四季を移すオリジナルスタイル日本の伝統文化のひとつである「水引」。もともと熨斗袋にかけら…

使い込むほどに風合いが増す、斬新なデザインも魅力の南部鐵器

岩手県盛岡市を代表する伝統工芸品である南部鐵器(なんぶてっき)。繊細な鋳肌と重厚な味わい…

江戸硝子の繊細な美しさに魅せられて—現代の暮らしに調和する美と機能性

現代の暮らしの調和する美と機能性光をまとい、繊細にキラキラと輝く。宝石にも似た華やかな美…

日本の美ともいえる、いぶし銀の瓦を身近な生活アイテムに

和の佇まいとして欠かせないもののひとつが「瓦」。日本の町並みをつくってきた、いぶし銀の瓦…

丁寧に塗り描かれた職人の手仕事が感じられる漆硝子

長野県の木曽平沢、伝統が息づく地で約70年前に創業した丸嘉小坂漆器店。"漆”を使いやすく楽…

暮らしに和をとりいれる01|美しく緻密な幾何学模様が魅力の「組子」のインテリア小物

日本独自の「和」の文化。その伝統や匠の技、この国ならではの気候風土に根差した素材により生…