和の住まい

37

富士信仰を支えた御師と御師住宅

富士山は昔から信仰登山の対象でした。そんな信仰登山を支えていたのが、御師(おし※1)と呼…

悠久のときを刻む、日本最古の民家・箱木千年家

「和風住宅」では、日本を代表する名建築を掲載しています。今回は「和風住宅2009年版」(2008…

江戸末期の建築をいまに伝える新御殿・真田邸

「和風住宅」では、日本の伝統が息づく和の建築を時代背景とともに解説しています。今回は「和…

過酷な自然環境を味方にした、建築家・藤井厚二の聴竹居

弊社が発行している「和風住宅」「和モダン」では、日本を代表する名建築を掲載しています。今…

近代和風建築を代表する、豪農風・書院・数寄屋を調和させた「遠山邸」

「和風住宅」では、日本を代表する名建築を掲載しています。今回は「和風住宅24」(2019年7月…

誰もが潜在的に求める、住空間の快適さをかたちにした、建築家・堀部安嗣氏の「南に開…

建築家・堀部安嗣氏が「2020毎日デザイン賞※」を受賞されました。堀部氏の作品に共通するのは…

建築家・降幡廣信氏による、町並みを彩る住まい。民家再生で生き返った「有明の家」

建築家・降幡廣信氏は古びていずれ解体されるはずの古い民家に新しい生命を吹き込み、家と文化…

建築家ブルーノ・タウトが日本に残した唯一の住宅建築「熱海の家(旧日向別邸)」

熱海の家(旧日向別邸)は、20世紀を代表するドイツ人建築家ブルーノ・タウトが日本に残した数…

古民家の知恵を未来につなぐ、松井郁夫設計の「南房総の家」

千葉県の房総半島は古民家が多く残り、それを買い取って移住する人や別荘として利用する人も多…

出江寛が解説する「佐伯邸」に見る村野藤吾の間合いと優しさ

佐伯邸(*)は建築家・村野藤吾の代表作品。この住宅建築について、日本建築家協会第10代会長…