伊賀焼の伝統と技術を継承し、今も使い続けられる長谷園の「土鍋」
見出し画像

伊賀焼の伝統と技術を継承し、今も使い続けられる長谷園の「土鍋」

長谷園(ながたにえん)は天保3年(1832年)に伊賀に築窯し、伊賀焼の伝統と技術を継承しつつ、現代のライフスタイルに合う使い手に寄り添ったものづくりを続けています。

ごはんがおいしく炊ける「かまどさん」は、火加減いらずで吹きこぼれることもなく便利。「かまどさん」3合炊きで、白米3合なら中強火約13分・蒸らし20分で炊き上がります。伊賀の粗土が木のおひつのように呼吸し、ごはんがべたつくこともありません。その他にも「ヘルシー蒸し鍋」「いぶしぎん」などがあり、煮込みや蒸し鍋、炒めものなど、さまざまな料理がおいしくできあがります。

画像1

1合~5合炊きまでのバリエーションがあります。
こちらはガス直火の炊飯土鍋「かまどさん」。

画像5

伊賀の粗土が木のおひつのように呼吸し、
ごはんがベタつかないそう。

画像3

「伊賀土鍋」 アメ釉 京型。他にもさまざまな種類があり、
IH対応の土鍋もあります。

三重県伊賀市は、良質な陶土の産地。また、薪に最適な赤松の森林が豊かであったことから、伊賀焼が発展したといわれています。昭和40年ころまでは、薪で焚き上げる登り窯を使っていましたが、その後石炭窯、電気窯との併用期を経て、今は燃焼性や熱効率の良いガス窯を主に使っています。

伊賀の陶土は、”呼吸をする土”といわれるほどの粗土で、遠赤外線効果が高く、食材の芯までじっくり熱を伝えます。また蓄熱力が高いのでなかなか冷めず、火からおろした後もトロ火で煮込むのと同じ温度帯を保ち、食材の旨味を引き出します。

画像4

16連携旧登り窯は、天保3年(1832年)の創業時から昭和40年代(1970年代)まで稼働していたそう。国の登録有形文化財。

画像3

伊賀本店には、創業の1832年当時から代々暮らしてきた歴史ある日本家屋「母や」を中心に、工房・登り窯など陶器製造の施設があります。3棟の展示室・資料館・体験工房・休憩所・展望台なども整備し、のどかな山里の自然とともに伊賀焼を楽しむことができます。

伊賀焼窯元 長谷園(ながたにえん)
長谷製陶株式会社

三重県伊賀市丸柱569

上記の記事は「和MODERN vol.10」内の特集・和のある暮らしに掲載しています。そのほかにも、日常的に使える和の空間に合う商品を掲載しています。ぜひご覧ください(^^)/

和MODERNシリーズの最新号はこちらです。


励みになります!
生活者向けの家づくり・リフォーム情報を発信しています。プロ向けの住宅専門紙「新建ハウジング」が運営。プロ向け専門紙ならではの確かな情報を、わかりやすく伝えていきます。