jimosumu(ジモスム)
地域に根ざした工務店がつくる、心地よい和モダンの住まい_vol.6
見出し画像

地域に根ざした工務店がつくる、心地よい和モダンの住まい_vol.6

jimosumu(ジモスム)

「和モダン」では、地域に根ざした工務店や設計事務所の事例を多く掲載しています。地域の木材や自然素材をふんだんに使った、大工や職人の技を生かした住宅や、住まい手のライフスタイルに合わせた巧みなプランニングも魅力です。今回も和モダンならではの上質な住まいを紹介します。

長野県上田市の美し信州建設さんの事例は、住宅性能はもちろん、吟味された自然素材を生かす職人技が感じられる、どこか懐かしい住まいです。

画像1

「小さくても居心地がよく、斬新さよりも地域の景色の一部になるような懐かしさが漂う住まうを考えた」という住まいの設計は、建築家・伊礼智さん。風景が抜ける南東をリビングにし、ウッドデッキへと続く風景の広がりや吹抜けのダイニングへと続く空間の広がりが感じられます。自社が誇る大工や左官をはじめとした職人たちによる木の納まりや塗り壁の美しさも見どころです。(写真/西川公朗 ※タイトル上の写真含む)

石川県金沢市の観田創建さんの事例は、和の伝統技術と現代的な感性が調和した、ぬくもりのある空間が広がる住まいです。

画像2

リビングに設けられた大きな窓からの視線を遮り、光をやわらかに透過させる同社オリジナルの障子戸。リビングの先に続くテラスには深い軒がかかり、夏の強い日差しを遮り、また屋外の作業の場や子どもの遊び場として重宝します。天井高は低めに抑えながらも、建具に高さを出すことによって、圧迫感のないのびやかな空間がつくり出されます。(写真/原常由)

上記事例の他の写真や見どころ解説は本誌にてぜひご覧ください。この他にも地域の工務店・設計事務所の事例をたくさん掲載しています。
巻頭は伊礼智さんの「住まいは、小さな居場所の集合体」。建築家事例は丸山弾さん、高橋朋之さん+川口琢磨さん、比護結子さん、横内敏人さん、西沢立衛さん、下川徹さん、斉藤智士さん、羽藤広輔さん、久我義孝さんです。その他にも名建築として、吉村順三さんの伊藤邸(旧園田高弘邸)も掲載していますので、ぜひご覧ください!


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
うれしい!
jimosumu(ジモスム)
生活者向けの家づくり・リフォーム情報を発信しています。プロ向けの住宅専門紙「新建ハウジング」が運営。プロ向け専門紙ならではの確かな情報を、わかりやすく伝えていきます。