新刊「信州の建築家とつくる家16」発売!“移住したいランキング”上位、信州の家づくりの参考書。自分の目指す家づくりとは何か?
見出し画像

新刊「信州の建築家とつくる家16」発売!“移住したいランキング”上位、信州の家づくりの参考書。自分の目指す家づくりとは何か?

ステイホームが推奨され、在宅時間が増えたことで、今までよりも住まいの居心地や使い勝手など、暮らしについて考える時間が多かったのではないでしょうか。

シリーズ「信州の建築家とつくる家」の最新刊16号が、2021年3月31日発売しました。特集は「家づくり再考」です。

画像1

不自由を感じる一方で、ゆったりとした家族団らんや家庭菜園、趣味など、家で過ごす時間の豊かさにあらためて気づく機会も多かったと思います。

3つのキーワードから、柔軟な働き方や、都心から地方への移住のうごきなどもふまえて「自分の目指す家づくりとは何か?」を再考する総特集号となっています。

本書を読み解く3つのキーワード

1 歴史を織り込み、未来へ“住み継ぐ”

古民家再生をはじめ、土地の歴史を継承する住まいを紹介します。
未来へ“住み継ぐ”ために、環境配慮や使い勝手など、いかに現代の私たちが快適に暮らす家にするかなど重要なポイントです。

2 これからの“住む+働く”を考える

信州・長野県は、より豊かな生活環境を求める都市部からの移住やワーケーションなどが盛んです。
余暇を過ごす「別荘」から移住やワーケーションを視野に入れて進化した「週末住宅」・職住一体型の住まい、さらには地域活動拠点の公民館や、店舗まで、さまざまなかたちの“住む+働く”の可能性を考えます。

3 豊かに暮らす“間取りの工夫”

ひとつとして同じものがない建築家の手掛ける家。
信州の豊かな自然を取り込み、敷地の特徴を生かし、住む人の理想の暮らし方を読み解き空間がしていくか。豊かに暮らすための多様な“間取りの工夫”を紐解きます。

信州・長野県にお住まいで、家づくりを考えている方や、
これから地方での生活を考えている方
建築家と住まいの心地よさを作り上げたい方
27人の建築家が魅せる家づくりを、ぜひご覧ください。

絶賛好評発売中です!


やったー!
生活者向けの家づくり・リフォーム情報を発信しています。プロ向けの住宅専門紙「新建ハウジング」が運営。プロ向け専門紙ならではの確かな情報を、わかりやすく伝えていきます。