見出し画像

部屋をつなぐ位置に庭を配置した現代京町家「大和大路の家」

ここで紹介する「大和大路の家」は、京町家の概念を受け継ぎつつ、現代生活に調和するように新築した住宅です。(設計:プリヤデザイン一級建築士事務所

京都特有の「うなぎの寝床」状の敷地に対して、庭と家屋が手前と奥に1:1の関係を結ぶ、従来の長屋の平面企画ではなく、庭を3つ(前庭・中庭・奥庭)に分散し、主要諸室をつなぐ位置に挿入することによって、内部全体に十分な採光・通風をもたらします。

画像1

東側前面道路から見た外観。ステンレスと木を組み合わせた格子を開けると、土間から中庭まで見通すことができます。

画像2

リビングとダイニング・キッチンのつながり。左手に見える庭が中庭。ダイニング奥に見えるのが奥庭。3つの庭は限定された矩形敷地の中で、動線や視線を長くつなぎ、広がりを確保する役割も担っています。

画像4

花頭口を模した手洗い場の入口からも中庭を見ることができます。手水鉢は九谷焼。

画像3

玄関土間と和室とのつながり。障子により開放度を調整可能にした小上がり(和室)にすることで、客間としてもプライベート空間としても利用できます。左手の床の間に見える空間は柿しぶ和紙を貼った収納庫。

画像5

玄関を入った正面には中庭が広がります。庭の中程まで白御影の飛び石を敷き、内部の延長線としての外部空間と位置付けています。一方対面に位置するダイニングでは、絵画のような庭として開口を絞っています。和室から見る庭は、障子の開け閉めによって、風景や光の取り入れ方が調整可能なため、多様に庭が楽しめる住まいです。

(photo/松村芳治)

「大和大路の家」のこの他の写真や図面、解説は「和MODERN11」に掲載しています。※本記事は再編集したものです

「和風住宅の基礎知識」というWEBサイトをオープンしました!

日本の気候風土や生活様式から生まれた伝統的な「和風住宅」の歴史や特徴、空間の成り立ち、構造や素材などを解説。住宅専門用語が簡単に検索できます。ぜひチェックしてみてください(^^)/

💛
17
生活者向けの家づくり・リフォーム情報を発信しています。プロ向けの住宅専門紙「新建ハウジング」が運営。プロ向け専門紙ならではの確かな情報を、わかりやすく伝えていきます。

こちらでもピックアップされています

和の住まい
和の住まい
  • 16本

日本の伝統文化を生かした和の住まい・工法や技術について紹介します。