jimosumu(ジモスム)
新しいことを始めたくなる春。家づくり・リフォームのスタートを切りませんか?
見出し画像

新しいことを始めたくなる春。家づくり・リフォームのスタートを切りませんか?

jimosumu(ジモスム)

2月4日に立春を迎え、暦の上では春ですが、まだまだ雪が降ったり寒さが続き、春が来たとは感じにくいですね。

それでも暖かくなるにつれて活動的になり、新年度も迎える春は、新しいことを始めるにはいい季節。家づくりや自宅のリフォームを考えるのもいいかもしれません。

家づくりやリフォームを検討する上で、まず気になるのは予算。そして、インテリアやデザインも気を使いたいところですが、長く住み続けるために重視するべきポイントは、快適・省エネ・耐久性などの性能です。今の住まいの悩みや困りごとを解決するためには、性能の向上が必須といえます。

たとえば、冬の結露に困っていませんか?小さなことでも、毎日続くと不快ですよね。高断熱住宅の家では結露がなくなり、部屋間の温度差もなくなるなど、健康的で暮らしやすくなるメリットがあります。目に見えない「快適さ」を考えることは、後悔しない家づくりには欠かせないポイントです。

そんな性能を向上させるリフォームや、快適で暮らしやすい家づくりをすすめるために、参考にしてほしい記事や書籍がたくさんありますので、ぜひご覧ください!

家を建てる前に読みたい「家づくりの本5選」

まずは、新築で家づくりを考えている人向けの5冊を紹介。家づくりの考えはじめから、深く学べるものまで段階別におすすめしています。

『だん10 -暖か、団らん、高断熱住宅』

高断熱住宅の専門雑誌『だん』。
家を建てよう、購入しようと考えた時、老朽化のマイナスイメージで中古住宅を選択肢から外していませんか?10号の特集では、そんなマイナスイメージを払しょくし、住まいの選択肢を広げてくれる「性能向上リノベーション」について、中古住宅を購入する、または性能向上リノベーション済みの住宅を購入するメリットや注意点を、リノベーションのエキスパートが解説します。

既存住宅に内窓の設置で断熱性能の向上を

健康・快適な室内環境を実現するために「室内全体の温度を高く保つこと」、暖冷房にかかる燃料費を減らすために「暖房に必要な熱を少なくすること」の大切さをわかりやすく解説します。

『だん -暖か、団らん、高断熱住宅』

30年先も後悔しない性能の家を。高断熱住宅の専門雑誌『だん11』の紹介。
「住んでみて気づいた高断熱住宅の隠れたメリット」と「これから家を建てる/リノベするなら『2050年住宅』をスタンダードに」など、高断熱住宅のメリットについて解説します。

YouTubeチャンネル『だんチャンネル』

また、『だん』の誌面とあわせてYouTubeで、高断熱にすることのメリットを写真や図解でわかりやすく解説。専門家をはじめ、実際に住んでいる人たちの声も視聴できます。

和MODERN 14 ととのう居場所。

そして、魅力ある住宅事例集の「和MODERN」。シリーズ最新刊のテーマは「ととのう居場所」。在宅時間が増え、家の中では家族それぞれの居場所がしっかり確保されることが大切になっています。性能に加えて居心地のよさを探る1冊です。

この先、何十年も快適で住み心地よい家づくりのために、ぜひお役立てください。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
やったー!
jimosumu(ジモスム)
生活者向けの家づくり・リフォーム情報を発信しています。プロ向けの住宅専門紙「新建ハウジング」が運営。プロ向け専門紙ならではの確かな情報を、わかりやすく伝えていきます。