風土に適した日本特有の文化「畳」の基本。
見出し画像

風土に適した日本特有の文化「畳」の基本。

jimosumu(ジモスム)

古より和室の床材には畳が使われています。畳は肌触りがよく、断熱性や吸音性に富み、調湿機能にも優れています。和風住宅に見られる和室の他にも、小和室やフローリングの居間・食堂などに畳コーナーを設けたり、板の間に縁無畳(琉球畳)を部分的に敷いたりする例も見られます。畳の基本を少しご紹介します。

画像2

畳の歴史

畳の語源は「たたむ」で「物を積む・重ねる」という意味があるそう。畳は日本固有の敷物とされています。平安時代、寝殿造りの板床に貴人の寝るところ、座るところとして藺草いぐさや藁などでつくられた敷物を使っていたのがルーツだといわれ、当初は龍鬢りゅうびん敷きのような薄い敷き畳が使われていました。次第に現在のような置き畳を2枚敷き、その上にしとね(現代の布団の原形で綿入りの寝具)を置いて、まわりを御簾で囲み、寝所とするようになったといわれています。部屋全体に敷き詰めるようになったのは鎌倉から室町時代にかけて、書院造が登場してから。江戸時代後期には豪商・豪農に使われていましたが、庶民が畳を敷くことを許されたのは明治以降のことだったそうです。そして畳敷きの部屋を座敷というようになりました。

畳表

畳は畳床に畳表を被せ、縁をつけてつくります。畳表は藁ではなく、陰干しにして乾燥させた藺草を使います。藺草の種類・品質・織り目によって畳表の質が決まっていっていいそう。上等な藺草ほど、断面が丸く、細く、堅く、織り目がしっかりして、肌色が青く光っているといわれています。(中略)畳表はこうした藺草を横に並べ、麻糸・木綿糸・ナイロン糸を縦に並べて織りあげます。

畳縁

畳縁は畳の長手に取り付ける布。朝織り・麻綿交差織りのほか、絹・綿を染め織りあげたものや化繊も使われます。幅は60~66㎜。(中略)

畳床

畳床は畳の台になるもので、藁だけ使う藁床、ポリスチレンフォームを藁で挟んだ畳床、藁を使わない建材畳床があります。現在、流通している畳の多くはポリスチレンフォームの畳床です。(中略)

畳の敷き方と大きさ

畳の敷き方は、長辺を床の間と平行にするいも敷きや直角にする遣り敷きなどがあります。但し、一般的には遣り敷きは使われません。畳の大きさは地方により異なり、関東間(田舎間)や中京間(中間)、京間(関西間)などがあります。(中略)

画像1

畳の機能・効能

畳のある和の空間に足を踏み入れたとき、本能的に安らいだ心持ちになるのは、視覚・触覚・嗅覚などを通して無意識のうちに感じるものがあると考えられます。畳の機能・効能は以下の5点。
1)断熱性・保温性
2)吸湿性・放湿性
3)弾力
4)吸音性・遮音性
5)空気の浄化作用

畳の基本の詳細は「和モダン14~ととのう居場所~」に掲載しています。今号の特集は、『居場所』。在宅時間が増える中、住まいでは家族それぞれの居場所がしっかり確保されることが、これまで以上に求められています。家族それぞれの居場所、家族が集う居場所といった多様な空間をつくりながら、心地よさを感じる住まいを事例をもとに探る1冊です。

和風住宅の基礎知識をひとまとめにしたWEBサイトもあります。写真やイラスト解説付きで住宅専門用語が検索できます!




ありがとう!
jimosumu(ジモスム)
生活者向けの家づくり・リフォーム情報を発信しています。プロ向けの住宅専門紙「新建ハウジング」が運営。プロ向け専門紙ならではの確かな情報を、わかりやすく伝えていきます。