和風住宅の基礎知識|外と内とを緩やかにつなぐ縁側
見出し画像

和風住宅の基礎知識|外と内とを緩やかにつなぐ縁側

縁側の起源と機能

縁側の起源は平安時代の寝殿造りに見られる「廂(ひさし)の間(建物周辺に巡らせた廂・濡縁)」だといわれています。縁側には、寒暑や風雨から室内を守る機能のほか、部屋と部屋とを切り離したりつないだりする役割もあります。単にそうした機能だけではなく、庭の景色や建物の表情が垣間見えるように配置することが重要です。

効率的な住宅を建てようとすると省略されがちですが、数寄屋や書院造りでは無駄とも思える「間」の空間を大切にします。間を生かし内と外をどうつなげるかが日本建築の神髄。外の自然と室内の一体化が、和風住宅をつくるうえでのポイントです。昔は近所の人とのコミュニケーションの場でもありました。

画像1

庭に面した2方向に広縁を巡らせています。
(設計/みすゞ設計)

濡縁と入側縁

縁側には、屋外(雨戸やガラス戸の外側)にある濡縁と、屋内(雨戸やガラス戸の内側)にある入側縁があります。一般的に縁側というと入側縁をさします。濡縁は軒や庇の下の地面や土間の上に、主屋や入側縁に接して雨ざらしに置かれます。入側縁は広縁とも呼ばれます。また、縁側にガラス戸をつけるようになったのは明治時代以降です。

縁側の板張りには、敷居と平行に長手方向に沿って板を張っていく榑縁(くれえん)と敷居と直角に板を張り木口を見せた切目縁(きれめえん)というものがあります。

画像2

濡縁

上等ならヒノキ・松・桜、一般的には赤松・ヤニ松、そのほかにはケヤキ・栗・竹などを使う場合があります。水はけのため水垂れ勾配をつけるのが一般的。よく見かけるのが縁板の間を透かして張った簀の子縁ですが、最近は板に簀の子を張った既製品がほとんどです。

数寄屋造りでは真竹・黒竹・孟宗竹などの竹縁が使われてきました。丸竹のまま藁縄でからめたもの、割竹を切目縁の形式にしたもの、板と竹を交互に組み合わせた呉張りなどがあります。その他に、名栗の濡縁も。

画像4

和室前に竹製の濡縁を設けています。手前側は切目縁に。
(設計・施工/梓工務店)

入側縁

広縁または広廂とも呼ばれます。昔は幅2m以上の広い縁側が多く、主屋の桁の下から庇屋根を出して、その下に設けました。天井は化粧屋根裏天井、床は畳を一畳通り敷きとし、残りを板の間に。これを入側縁とし、板敷きは広縁と分ける考え方もあります。幅90cm程度の縁側が増え、主屋の屋根をそのまま延ばし、張り天井が多いようです。

幅を広くとれば荷物の運搬や車椅子の移動にも便利。サンルーム・家事室などにも使えます。板張りの場合、ヒノキ・ヒバ・ツガ・松の柾目を主に、ブナ・ナラ・カシ・栗など堅木の縁甲板を使います。

画像4

座敷と庭の間にテーブルもおける広縁を設けた事例。
(設計/降幡建築設計事務所)

画像5

アウトリビングとしても利用できる濡縁風の大型デッキ。
(設計/湯本工務店)

上記の和風住宅の基礎知識は、書籍「和風住宅」に掲載しています。最新号「和風住宅26」が現在好評発売中です!特集は「木の適材適所」。さまざまな建築家や工務店の事例を掲載しています。ぜひご覧ください。

和風住宅の基礎知識をひとまとめしたWEBサイトもあります。日本の気候風土や生活様式から生まれた伝統的な和風住宅の歴史や特徴、空間の成り立ち、構造や素材などを解説しています。また、和風住宅の専門用語も簡単に検索できます。


励みになります!
生活者向けの家づくり・リフォーム情報を発信しています。プロ向けの住宅専門紙「新建ハウジング」が運営。プロ向け専門紙ならではの確かな情報を、わかりやすく伝えていきます。