地域に根ざした工務店がつくる、心地よい和モダンの住まい_vol.1
見出し画像

地域に根ざした工務店がつくる、心地よい和モダンの住まい_vol.1

jimosumu(ジモスム)

「和モダン」では、地域に根ざした工務店や設計事務所の事例もを多く掲載しています。地域の木材や自然素材をふんだんに使った、大工や職人の技を感じられたり、周囲の景観や自然をうまく取り入れているほか、住まい手のライフスタイルに合わせた巧みなプランニングも魅力です。和モダンならではの上質な住まいをちょっと紹介したいと思います。

和モダン14_H1

三重県四日市市のひさとも(久友建設)さんの事例は、L字に配置し庭と一体的な空間が魅力の平屋です。

画像2

「空間の無駄がなく、居場所のたくさんある家」を望んだ住まい手の思いを実現した平屋は、段差を設けた畳リビングや庭へとのつながるダイニング、家族の共用スペースにはカウンターを造り付けるなど、子育て中のご夫婦にとって使い勝手のよい空間がたくさんあります。子どもたちが公園のように走り回れる緩やかな起伏のある庭も四季折々の自然が美しく感じられます。

茨城県境町の篠原工務店さんのモデルハウス「HINOKI DENSETSU-檜伝説」はその名のとおり、無垢の檜をふんだんに使った住まいです。

画像3

『三世代先まで笑顔で暮らせる家』をテーマに、茨城県産の檜と大工の技を生かしたパッシプデザインの住まいです。設計は建築家の田中敏溥さん。コンパクトでありながら、玄関やリビング上部を吹抜けにすることでのびやかな空間を実現するとともに、どこにいても家族の気配が感じられます。素材や建具を一から見直し、大工技術を生かした無垢の木の家は、檜の香りに包まれます。

(写真/原常由)

この事例の他の写真や見どころ解説は本誌にてぜひご覧ください。この他にも地域の工務店・設計事務所の事例をたくさん掲載しています。
巻頭は伊礼智さんの「住まいは、小さな居場所の集合体」。建築家事例は丸山弾さん、高橋朋之さん+川口琢磨さん、比護結子さん、横内敏人さん、西沢立衛さん、下川徹さん、斉藤智士さん、羽藤広輔さん、久我義孝さんです。その他にも名建築として、吉村順三さんの伊藤邸(旧園田高弘邸)も掲載していますので、ぜひご覧ください!


うれしい!
jimosumu(ジモスム)
生活者向けの家づくり・リフォーム情報を発信しています。プロ向けの住宅専門紙「新建ハウジング」が運営。プロ向け専門紙ならではの確かな情報を、わかりやすく伝えていきます。