【住宅業界関係者必読!】2022年に描くビジョンとは 業界を読み解く『住宅産業大予測2022』予約承り中!
見出し画像

【住宅業界関係者必読!】2022年に描くビジョンとは 業界を読み解く『住宅産業大予測2022』予約承り中!

jimosumu(ジモスム)

住宅産業大予測は工務店の応援紙新建ハウジングが、工務店を中心とする地域の住宅産業の目線に特化して 来年の住宅市場と住宅産業について解説する人気シリーズのムック本です。

新建ハウジング発行人の三浦祐成が2022年の住宅産業市場を占いながら、工務店が何に留意し、どう動くべきか主観に基づき提言。住宅業界に関わる人に業界の市場や現状などを把握する実用書として、ぜひ活用してほしい1冊です。

画像1

Survive 自分らしく生き残れ 
[巻頭言]では、2022年におさえておくべき重要な変化・検討課題を集約、10年の計・生き残りビジョンを考える上での材料も整理し解説します。

[巻頭言]より
1 4つの長期リスク
2 2022年5つの検討課題
3 人間中心主義
4 スモールエクセレント
5 ロングライフデザイン

地域工務店が、アフターコロナの住宅市場で存在感を発揮し続けるために、コロナによる暮らしや住まい、仕事などさまざまな変化を、家づくりと経営に落とし込むことは必須です。工務店はいままさにアフターコロナの生き方と戦略を決断する必要に迫られています。

来年の課題と機会を整理し、経営と家づくりをアップデートするためのコンパス(羅針盤)としてぜひご活用ください。

シリーズ最新号は、2021年12月23日Amazonで発売開始。
予約承り中です。

※10冊以上のご注文で割引対応いたします。
くわしくは、新建ハウジングWEBで



うれしい!
jimosumu(ジモスム)
生活者向けの家づくり・リフォーム情報を発信しています。プロ向けの住宅専門紙「新建ハウジング」が運営。プロ向け専門紙ならではの確かな情報を、わかりやすく伝えていきます。