名建築に学ぶ・レーモンドのデザインを伝えるシンプルで軽快な空間
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

名建築に学ぶ・レーモンドのデザインを伝えるシンプルで軽快な空間

高崎市美術館の敷地内に保存されている旧井上房一郎邸は、アントニン・レーモンドのスタイルを踏襲した建築です。現在でもそのデザインの斬新さは色褪せることはありません。レーモンドの建築思想とそれを継承しようとした井上房一郎の思いをそこに見ることができます。

アントニン・レーモンド(1888~1976)
チェコ出身の建築家。フランク・ロイド・ライトのもとで学び、帝国ホテル建設の際に来日。その後、日本に留まり、モダニズム建築の作品を多く残す。日本人建築家に大きな影響を与えた。

画像1

レーモンドの建築哲学

旧井上房一郎邸は、建築家アントニン・レーモンドの考え方がよく表れている建築。人工物よりも自然物を、複雑なものよりもシンプルで軽快なものを良しとしたレーモンドの建築哲学が具現化されています。

この建物は、東京・麻布の笄町(こうがいちょう、現 港区西麻布)に、1951年(昭和26年)に建てられたレーモンドの自宅兼事務所(笄町の自邸)の自宅部分を模写してつくられた建物として知られています。戦後間もない当時、コンクリートや製材された木材は高価で不足していたため、レーモンドは木造建築をつくる様式として、現場で用いたスギの足場丸太を使用し、柱や登り梁を二つ割の丸太で挟み込む「鋏状(はさみじょう)トラス」の構造を採用しました。軽い鉄板屋根としたこともあり、細い丸太でも構造を支えることができ、スマートで軽快なデザインを可能としています。

画像4

丸太を使った鋏状トラスが印象的な居間。

その他、スギ材縦板張りの外装、深い軒、土間コンクリートに床仕上げ材、無地のベニヤ板に真鍮打ちの内壁、引違いの襖による間仕切り、中央の暖炉などの特徴が見られます。さらに、柱同士を結ぶラインから敷居を外にずらす「芯外し」の手法がとられ、南側に広い開口部をとることが可能に。これらにより、「レーモンド・スタイル」と呼ばれる木造建築が構成されています。

画像3

居間の北側には明かり採りの高窓が設けられています。

庭園の季節感と一体化。

旧井上邸はレーモンド・スタイルの要素を取り入れ、群馬の風土を考えアレンジされたものです。「笄町の自邸」と比べるとパティオを中心に居間と寝室が反転しており、寝室の隣に和室が付け加えられました。また、土足生活のため、プラスチックだった床材の上に絨毯が敷かれています。

居間の引違い戸をすべて開け放つと、テラスの向こうにある庭園と一体にすることができます。西洋では自然に対抗した建築様式が見られますが、ここではレーモンドが日本に学んだ、四季とともにある建築のあり方も見ることができます。

レーモンドの自邸を再現。

井上房一郎(1898~1993)は、群馬県高崎市屈指の建設会社であった井上工業の社長を務め、故郷の文化芸術振興に尽くした実業家です。若い頃、パリに遊学して文化・芸術への造詣を深め、帰国後は工芸活動を行い、さらに戦前・戦後を通じてチェコ出身のモダニズム建築家、アントニン・レーモンド(1888~1976)と親交を深めました。レーモンドはフランク・ロイド・ライトに伴われて来日し、日本におけるモダニズム建築の先駆者として知られています。井上は「笄町の自邸」を訪問して、その美しさに心を動かされたのです。

1952年(昭和27年)、自邸を焼失した井上は、この「笄町の自邸」を再現しようと計画し、レーモンドは快諾。図面の提供を受け、建物を大工に実測させ、これらをもとに新たに井上邸が設計・建築されました。この建築は戦前・戦後を通じて交流したレーモンドと井上の友情の証でもあるのです。

モダニズムを表現する空間。

パティオを挟んで東側に居間、西側に寝室・和室やその他のプライベートな空間を配置しています。居間は3間×4間の24畳。3間とばしの広い空間をつくるには伝統的な日本建築では太い材が必要ですが、3寸~3寸5分の丸太による鋏状トラス構造でスマートな空間を構成。北側のトップライトから入る柔らかな光が室内を自然な明るさで満たし、鋼板製のストーブやデザインされた造作家具などとともに、レーモンドの追求したモダニズムを表現する空間を成立させています。また、敷居を柱位置より外に出す「芯外し」とし、庭園と床の段差を小さくして室内と室外の一体感を出しています。

画像2

玄関から見たパティオ。

旧井上房一郎邸
所在地 群馬県高崎市(高崎美術館内 ※現在、新型コロナウイルス感染防止のため、邸内の見学には事前予約が必要。庭園は予約不要)
敷地面積:1669.60㎡/居住面積:191.21㎡
原設計 アントニン・レーモンド
実設計 井上房一郎
施工  井上工業

名建築に学ぶ・旧井上房一郎邸は、「和MODERN13」に掲載しています。
(写真/志和達彦)


💛
生活者向けの家づくり・リフォーム情報を発信しています。プロ向けの住宅専門紙「新建ハウジング」が運営。プロ向け専門紙ならではの確かな情報を、わかりやすく伝えていきます。