見出し画像

家づくりの基礎知識 番外編 家づくりの先輩に学ぶ成功&失敗 01資金計画編

戸建て住宅の家づくりの体験談から、成功・失敗例を紹介します。
これから家づくりを始める方へのヒントや手掛かりとしてお役立てください。

資金計画の成功と失敗
【成功の声】

・金利が安かったため、以前の賃貸物件の家賃よりも支払いが減りました。
・太陽光発電、HEMSなどいろいろな補助金があったので助かりました。
・金利が高かったので途中で借り換えをしました。
・15年住宅ローンを組んだけれど、無理をして早めに6年で全額返済できました。
・月々の返済額を低めに設定しておいたため、今助かっています。

【失敗の声】

・あらかじめ植樹など外構に予算を確保して、お金をかければよかったです。
・金利の高い時代に固定金利でローンを組んだこと。借り換えるか、変動金利にすべきでした。
・定年退職後もローン返済が残ってしまったので大変でした。退職までに終えておけばよかったです。
・予定金額を500万円もオーバーしてしまいました。
・何も考えず全額ローン。今きついです。

金利変動リスクに備える
固定金利型・変動金利型か、金利タイプの選択によって成功・失敗が大きく分かれる結果となりました。返済方法の変更、繰り上げ返済、ローン借り換えなどの変動リスクの備えに対して満足度・ニーズともに高いことが読み取れます。

ローンにどれだけ頼るかも成功・失敗に大きく影響しています。自己資金や親の贈与で賄う割合が大きいほどローンの金利負担は少なく、金利変動リスクも避けられます。

このほか成功の声で多かったのが補助金・減税・金利優遇などの公的な支援の活用でした。建築予定地の市町村の住宅担当課などで支援メニューや申請枠を確認しましょう。

アンケート出典『すまいの手引2016長野版』 発行:新建新聞社
【調査概要】 
調査時期:2015年11月 
調査方法:インターネットによるアンケート調査 
調査対象:戸建て持ち家に住む30歳以上の男女439人

※参考図書『あたらしい家づくり教科書』80pから、 「よい家は燃費がよい」ローンと光熱費。どちらもランニングコストが肝要です。



励みになります!
生活者向けの家づくり・リフォーム情報を発信しています。プロ向けの住宅専門紙「新建ハウジング」が運営。プロ向け専門紙ならではの確かな情報を、わかりやすく伝えていきます。